久野修司が目指す理想の英語教師

久野修司は英語教師として活躍していた人物ですが、現在は退職し、フリーターです。彼がなぜ退職したのかというと、日本の英語教育に疑問を持ったためです。日本の英語教育は、確かにレベルが低いと言われることもあり、彼自身もその点に関しては実感していたところです。もちろん、教育のレベル自体が低いということではないものの、英語という言語は日本人には難しい言語だと言えるのかもしれません。発音は全く違うし、言葉の組み立て方も違うし、文法も違います。だからこそ、日本人の多くが英語を話せないという状態になってしまっているのです。久野修司はその点に疑問を持ち、本当に必要な英語教育がどういうものなのかを考えています。まだまだ日本の英語教育は改善できる点も多いと考えているからこそ、彼は次の目標を考えている最中なのです。
日本の英語教育の何が悪いのかというと、まずは会話するのを怖がってしまう人が多い点にあります。座学がメインで、文法などを完璧に叩き込まれてしまう日本の英語教育は、ある意味ではレベルが高いのかもしれません。しかし、その一方で会話する時も「完璧な文法でなければいけない」と考えてしまうのです。例えば、単純にトイレを使いたい時、多くの日本人は「Can I use restroom?」と言います。しかし、本来はトイレに行きたいことが相手に伝わっていれば、「Can I…?」で止めても言葉的には通じます。このように、日本人の感覚では、最後まで文法を組み立てないと伝わらないと思っている方が大半なのです。日本語と同様に、相手がある程度汲み取って理解してくれるので、途中まで発音して通じることも多いです。

近年は多くの方が利用するようになっている英語ですが、久野修司は教育者として他の問題も色々と考えていました。例えば、日本では英語に触れる機会というのはとても少ないと言われています。むしろ、日本人が苦手意識から自主的に関わろうとしていないようにも思えます。外国人が前から来て、どこか探していそうな雰囲気だった場合、多くの日本人は避けて通ります。そこで、自分から話しかける勇気さえあれば、日本の英語はもっと改善されていくと言って良いです。それくらい、日本人は英語との関わりを持たないようにしている方も多いのです。中には「英語なんて話せなくても生きていける」と考えている方もいて、そういった思考の違いから教育の質も変わってきていると言えます。日本では英語教育をしっかり行おうとし過ぎている反面、国民が未だに英語の重要性を感じていないギャップなどがあることも問題です。
久野修司は、そういった問題を解決するために、日頃から少しでも英語に触れることが重要だと考えています。しかし、カタカナ英語では通用しません。日本人の英語で改善できる点としては、このカタカナ英語もあります。色々なカタカナが定着している日本だからこそ、英語の発音もカタカナとして発音してしまうことが多くなってしまっているのです。トマトをトマトというのではなく、トマトをtomatoと言えることが何より重要だと、久野修司は考えているのです。確かにその方が通じやすいですし、英語圏の人も理解しやすいのです。日本には英語として入ってきているのに、カタカナで発音しているものも多いため、それらの点も改善していくべきだと言えるのではないでしょうか。

日本が英語を必要とするシーンは、これからさらに増加してくるでしょう。まだまだ改善できる点が多い日本の英語教育は、4年後に東京オリンピックも控える今、これからが本番だと言っても良いです。特に難しい言葉として教えるのではなく、日本人が日本語を昔から使えるように、英語を英語として使っていくことが必要だと言えます。もちろん、難しいと感じる方がいるのは事実ですし、難しい面も持っているのが英語です。しかし、それを拒否しているだけでは、英語を習得することはできないと久野修司は言います。英語というのは、しっかり発音できることは大切ですが、まずは会話をしてみて相手に伝わるかどうか試してみることが重要です。下手とかそういうこと以前に、相手に伝えようとする意志があれば、英語というのは伝わるものなのです。
その点を日本の英語教育では伝えきれていないため、今後はより一層伝えるという点を重視していくことが重要です。確かに読み書きなどは重要ですし、それらをしっかり教えられている日本だからこそ、英語の基本はできている方が多いです。その一方で、ワンランク上を目指すためには、しっかり考えて教育していくことが必要となるのです。久野修司は、一人の教育者として今後の日本の英語力を考えています。こういった人物がいることによって、日本の英語力はより改善できるのではないでしょうか。学校で教える範囲は基本的なことばかりで、もちろん役立つことも多いですが、もっと発音して会話にしていくということが求められます。それが日本の英語教育の未来のあるべき形なのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. リビングのリフォームは、床や壁の張替から、壁を取り外して間取りを大きくまたは壁を入れて小さく変更する…
  2. オリジナリティあふれるバイクグッズを手に入れたい、そんな風に思っている方でしたら、ぜひ熊本 バイク店…
  3. 黒っぽい外観に、白い文字で「FREAKY WARDROBE COFFEE」と店名が書かれたおしゃれな…
ページ上部へ戻る